宇宙の起源

ドルメン、ストーンサークル、生贄

ドルイドは、ケルト人社会の祭司のこと。

ドルイドの持つ絵には、ピラミッドと天秤が見られる。

a4fa2-125e3258225ab25e32583258f25e32582259925e3258325a925e3258125ae25e72594259f25e5259125bd25e3258125ae25e625a825b925e3258125ae25e92585258d25e52588259725e3258125

天秤もサバジオスの手で見られる。つまりストーンヘンジ、ピラミッド、天秤と、ドルイドも全てニンギシュジッダ由来で、ニンギシュジッダを崇めている。

ストーンヘンジのように箱型に並べた石を柱とし、その上に天井石を置く形をドルメン(支石墓)という。ここでドルイドはニンギシュジッダへの儀式を行っている。ストーンヘンジのように、ドルメンは神への捧げ物の祭壇。なかには人力で運べない巨大な石や絶妙なバランスのものもある。つまりニンギシュジッダが各地に祭壇としてドルメンを作り、現地人に崇拝させた。これも世界各地で見られる。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中