宇宙の起源

ゾロアスター教の有翼円盤とアフラ・マズダ

イランにあった紀元前3000年の古代ペルシアのゾロアスター教には、有翼円盤とそこに乗る守護霊フラワシが見られる。

このフラワシが手に持っている輪(わ)は、エジプトのウラエウスの横に描かれている輪や、バビロニアの女神イシュタル像の持つ輪と同じ。シュメール神話で輪はニビルの王権の象徴。つまりウラエウスもこの女神イシュタル像も輪もニンギシュジッダのこと。

ゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーもニンギシュジッダと同一。手には輪と2本のヒモがついた王冠と笏(しゃく)。

次の画像は、イラン西部の遺跡ターク・イ・ブスタン。アフラ・マズダは中央の人物で、頭に三日月を乗せて王冠(輪と2本のヒモ)を渡している。三日月はサバジオスの手やエジプトの装飾品にも見られるニンギシュジッダのシンボル。

有翼円盤とフラワシは様々な場所で見られる。その一部は弓矢を手に持っていたり、牛の角の冠をしていることから、これもニンギシュジッダのシンボルの一つ。次の左の画像の弓を持った人物は、メソポタミアの都市アッシュールを守護するアッシュール神。


次はペルセポリスにあるアルタクセルクセス3世の墓所の浮き彫り。ここには有翼円盤に乗るフラワシと、弓矢を持つ人物、三日月、段々のへこみがある台などの彫刻がある。この絵が意味するところは、すべてニンギシュジッダのシンボルということ。

ペルセポリス2

弓矢と段々のへこみがある台と弓は、メソポタミアのシンボル図でも見られる。

また別の場所の有翼円盤とフラワシの彫刻の下には、菱形の網目状の装飾が見られる。この菱形も、ニンギシュジッダのシンボルが描かれたトルコのギョベクリ・テペの石柱に見られる。

有翼円盤はメソポタミアでも見られ、そこには三日月、ハンドバックを持つ鷲(わし)人間、蛇の装飾も見られる。つまりこれらすべてもニンギシュジッダのシンボル。

有翼円盤に乗る守護霊フラワシはニンギシュジッダのことで、この世の森羅万象に宿り、あらゆる自然現象を起こす霊的存在。フラワシのように森羅万象に宿る神の概念はアニミズムと同じ。つまりアニミズムもニンギシュジッダ由来。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中