シュメール神話の粘土板

■紀元前668年

シュメール神話では、粘土板はエンキがアダパの子孫エンドゥブザルに筆記させたとある。それはニビルから始まり、地球での今日までの出来事と決断を記録に残し、未来の世代への道標(みちしるべ)”となるように。粘土板は昔メソポタミアと呼ばれた地域の、アッシリアの首都ニネヴェのアッシュールバニパルの図書館で発見される。ここは紀元前700年から紀元前600年の間に設立された。粘土板の文書記録は3万点以上。シュメール神話もエンキも作り話で、ニンギシュジッダを表すという結論だったが、つまりこの粘土板もニンギシュジッダ作ということ。

77ec2-0125e3258225a225e32583258325e3258225b725e3258325aa25e3258225a225e3258125ae25e925a6259625e9258325bd25e32583258b25e32583258d25e3258225a625e32582259925e325822

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中