シュメールの発展

■紀元前3760年頃

ニンギシュジッダから人間に文明が与えられ、シュメールの主要都市ウルが都市として拡張を始める。文字、法律、農耕、灌漑(かんがい)工事、航海術、天文学、学校設立、二院制議会、法典の編纂(へんさん)、1分60秒などの60進法、占星術の12星座など高度な文明が花開いた。住居の面積は約8m四方(70m2以下)。人口は34,000人ほど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中