ギョベクリ・テペの石柱はニンギシュジッタのシンボルを表す

ギョベクリ・テペの石柱には、ハンドバックの彫刻が見られる。これと同じものが、紀元前3000年頃のイランのジーロフト文化に見られる。

ジーロフト文化からは石のハンドバックが出土している。そこにニンギシュジッダを表す2匹の蛇が見られる。

さらに2匹の蛇に挟まれた鷲(わし)の絵と、その鷲(わし)が2羽彫刻されたハンドバックもある。

この鷲(わし)単体の遺物も見つかっており、足は2匹の蛇がからまったデザイン。つまり鷲(わし)もニンギシュジッダのシンボル。この鷲(わし)の羽部分に円形の筒で形どったようなデザインも見られる。これと同じデザインのサソリの遺物も見つかっている。

鷲(わし)の遺物は他にも見つかっている。

ギョベクリ・テペの石柱のハンドバックの左下に鷲(わし)の彫刻が見られ、その下にはサソリも見られる。つまりこの石柱はニンギシュジッダのシンボルが刻まれている。

ジーロフト文化のハンドバックには、サソリやライオンが2体ずつ描かれたものもある。ニンギシュジッダはヨーロッパではアイオーンというライオン顔の神でもある。つまりハンドバックの彫刻もニンギシュジッダのシンボルを描いている。

別のギョベクリ・テペのT字の石柱には、1匹の蛇、2匹の蛇の彫刻も見られる。つまり、この石柱に彫られた絵すべてが、ニンギシュジッタのシンボルということが見えてくる。
GÖBEKLİTEPE

ニンギシュジッダは古代エジプトではアフリカクロトキの頭部をもつトート神でもあるので、この石柱の一番下にいる足の長い鳥はアフリカクロトキと考えられる。同様の鳥は最上部左端のハンドバックの上にも、小さく見られる。

上部右端のハンドバックの右下に、「H」を横にした図柄が見られる。これと同じ図柄が、この時代より後に世界中で作られる多角形の石積みの神殿に見られる。このH字は2つの石の境目に刻まれている。見方によってはT字を2つ繋いだ形にも見えるが、ギョベクリ・テペの石柱自体がT字なので、HとTもシンボルということ。つまりニンギシュジッダが作った石積みに、自分のシンボルを入れた。

c245b-t25e525ad2597

このH型の図柄はギョベクリ・テペの他の石柱でも見られ、蛇の彫刻が刻まれている場合もある。そして南米ボリビアのプマ・プンクにもH型の巨石が見られた。


石柱のハンドバックの上下に、ジグザグの模様が見られる。これと同じものはシリアの目の女神像や、紀元前2000年頃から日本と中国で見つかる銅鏡や銅鐸(どうたく)に見られる。銅鏡や銅鐸(どうたく)には黄金比の曲線や渦模様が見られることから、これもニンギシュジッダによるもの。
ジグザグ


d9a1d-825e5258525ad25e425b925b325e5259b259b25e725a5259e25e725a625bd25e7258d25a325e9258f25a12b25e525be258c25e625bc25a225282525e525b925b425e32580259c22025e525b925b470ebe-525e425b8258925e92587258d25e7259c258c25e9258825b425e925b925bf25e525b8258225e725a325af25e525b125b125e7259425ba25e5258725ba25e5259c259f25e3258125ae25e9258a25e8626-425e425b8258925e92587258d25e7259c258c25e9258825b425e925b925bf25e525b8258225e725a325af25e525b125b125e7259425ba25e5258725ba25e5259c259f25e3258125ae25e9258a25

違う石柱には牙の出たイノシシの彫刻が見られ、それと同じ石像も見つかっている。イノシシは牙が出ているのが特徴で、イノシシもニンギシュジッダのシンボルということ。また反対にわかってくることは、1つ上の銅鐸(どうたく)の画像の黄金比の渦模様の下に彫られている動物もイノシシで、つまりそれはニンギシュジッダのシンボルということ。


石柱の右端のハンドバックの右上に、シッポの長いトカゲが刻まれている。サバジオスの手にもトカゲが見られる。

ギョベクリ・テペの石柱の横には犬のような動物も見られる。

この動物を横から見たような彫刻もいくつかの石柱に見られる。

犬は他の場所のシンボルでも見られる。ミトラスを主神とするイランや古代ローマのミトラ教の浮彫(うきぼり)には、1匹の蛇に向かって2匹の蛇の杖カドゥケウスを向けているミトラス神が見られる。つまりミトラスはニンギシュジッダ。

別の像では、牡牛(おうし)を屠(ほふ)るミトラスが見られる。そこでは、犬と蛇は牡牛の血を飲もうとし、サソリが牡牛(おうし)の睾丸(こうがん)を攻撃する様が見られる。つまりニンギシュジッダのシンボルである蛇やサソリがミトラ教に見られ、そこに犬も見られることから、ギョベクリ・テペの石柱に犬がシンボルとしていてもおかしくない。

牡牛(おうし)は紀元前3000年頃のイランのジーロフト文化のハンドバックにも彫刻されている。つまり牡牛もニンギシュジッダのシンボルの一つ。

また石柱のハンドバックの下にいる鷲(わし)の羽の上に、小さな丸いものが見える。

この丸いものに当てはまるニンギシュジッダのシンボルは、松ぼっくりか太陽か宇宙卵。ニンギシュジッダである古代ローマの神アイオーンの足下には、2匹の蛇のカドゥケウスの杖、ニワトリ、松ぼっくりが描かれている。北アフリカの神タニトの彫刻には三日月と丸い太陽が見られる。宇宙卵は各国に丸い巨石として見られ、「一なるもの」を表しているという結論だった。

fce46-325e6259725a525e6259c25ac25e525a5258825e8258925af

別のギョベクリ・テペの石柱には菱形の網目模様が見られ、下の部分に重しがついている。これと同じデザインは、イランの古代ペルシアの都市ペルセポリスで見られる。

この乗り物の有翼円盤(ゆうよくえんばん)は古代エジプトでも見られ、そこには2匹の蛇がいることから、このシンボルがニンギシュジッダのシンボルとわかる。

この有翼円盤に人が乗るデザインはメソポタミアでも見られ、そこにはハンドバックを持ったニンギシュジッダである鷲(わし)人間も彫刻されている。


このようにギョベクリ・テペの石柱に描かれた図柄は、全てニンギシュジッダのシンボルとして、後の時代に各国で見られる。