宇宙の起源

オセアニア

オセアニアはオーストラリア、ニュージーランド、ポリネシア、メラネシア、ミクロネシア全体を指す。オセアニアの86%をオーストラリア大陸が占める。紀元前5万年頃に、東南アジア方面からオーストラリアやニューギニアに人々が住み始めた。初めてこの地域に白人が訪れたのは1521年。
オセアニア
ハプログループBは、紀元前5万年頃にアジアで分岐し、東南アジアやポリネシアなどといった南方に広まった代表的なグループ。ハプログループBの分布は、イラン、イラク、華南、チベット、ベトナム、マレーシア、インドネシア、タイ、日本、台湾、フィリピン、ポリネシア、マダガスカル、メラネシア、ミクロネシア、ハワイなどであり、アメリカ大陸の先住民からも検出される。
haplo-03

オーストラリア以外にもオセアニアには、ニンギシュジッダ由来のものが見られる。ポリネシア、メラネシア、ミクロネシアへの人の移住は1200年頃まで続くので、ニンギシュジッダが文明を与えた年代は場所によって様々。虹蛇の伝承があるフィジー諸島への最初の植民者は紀元前6000年頃、トンガへの最初の植民者は紀元前4000年頃、キリバス共和国への最初の植民者は紀元0年頃、ハワイへの最初の植民者は800年頃、イースター島への最初の植民者は1200年頃とされている。

ニュージーランドのカイマナワ森林公園の木の下には、隙間なく密着したニンギシュジッダの巨石が存在する。
54131-217591-225e3258225ab25e3258225a425e32583259e25e32583258a25e3258325af25e625a325ae25e6259e259725e5258525ac25e5259c259225e3258125ae25e9259a259925e92596259325e3258125

600年頃になるが、イースター島にも隙間なく密着した多角形の石積みが見られる。またモアイ像には黄金比の曲線が見られ、これらがニンギシュジッダによって作られた証拠となる。
4de53-78129b-125e3258225a425e3258325bc25e3258225b925e3258225bf25e3258325bc25e525b325b625e3258125ae25e3258325a225e3258225a225e3258225a425e3258125a825e525a4259a25e825a725
429b6-0425e3258225a425e3258325bc25e3258225b925e3258225bf25e3258325bc25e525b325b625e3258125ae25e3258325a225e3258225a225e3258225a425e52583258f25e3258125ae25e825832


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中