エスキモー系諸民族イヌイット

エスキモー族は、インディアンのうちでは一番後にアメリカに到着し、その文化は、シベリアからグリーンランドまでもの広がりを持っていた。

ニンギシュジッダは、エスキモー族にも接触していた。アラスカから出土した土偶は、三角形の下着が描かれていたり手の位置などが世界各地で見られる女神像の共通点を持つ。またイヌイットが使用した遮光器は、日本の遮光器土偶の目と同じデザイン。遮光器土偶には黄金比の渦模様が見られることから、これもニンギシュジッダを表す。

2dc8d-25e3258225a425e32583258c25e3258225a425e32583258325e32583258825e3258225a425e32583258a25e3258325b325e32583258a
14b日本の縄文土器や縄文土偶


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中