宇宙の起源

エジプトのニンギシュジッダのシンボル

2匹の蛇は、エジプトの有翼円盤(ゆうよくえんばん)にも見られる。例えばコム・オンボ神殿の有翼円盤の中央の2匹の蛇。

メディネット・ハブの有翼円盤と2匹の蛇。つまり有翼円盤もニンギシュジッダのシンボル。

エジプト出土の蛇1匹と有翼の組み合わせ。
蛇と有翼

エジプトのデンデラ神殿には有翼円盤が2つ並んでおり、上側は2匹の蛇、下側はスカラベという昆虫が中央にいる。

古代エジプトではスカラベを、太陽神ケプリと同一視した。ケプリはエジプト神話における太陽神ラーの形態の一つ。つまり有翼円盤、スカラベ、太陽神ケプリ、太陽神ラーはニンギシュジッダを表す。

この有翼円盤の翼が、ニンギシュジッダのシンボルである鷲(わし)の翼とわかる装飾品が、エジプトより出土している。

同じデザイン鷲(わし)は、トルコのギョベクリ・テペの石柱や、イランのジーロフト文化より出土している。

エジプトの装飾品。中段左右に2匹の蛇、中央にスカラベと鷲(わし)の翼、その上にホルスの目と左右に2匹の蛇、その上に三日月。

三日月もサバジオスの手に乗る人物の頭やメソポタミアの出土品に見られた。つまりエジプト神話や装飾品は、ニンギシュジッダのシンボルでデザインされているという結論。そしてホルスの目も、ニンギシュジッダのシンボル。

古代エジプトでは太陽と月はハヤブサの姿、あるいは天空神ホルスの両目(ホルスの目)と考えられてきた。やがて二つの目は区別され、左目は神ウアジェトの目で月の象徴、右目はラーの目で太陽の象徴とされた。ウアジェトはコブラの姿、あるいは頭上にコブラをつけたライオン女性の姿で描かれる。ライオンもニンギシュジッダの象徴。

ウアジェトの頭頂の蛇の記章(きしょう)はウラエウスという。ウラエウスの背後の丸い太陽も有翼円盤に見られる。1匹の蛇(コブラ)のウラエウスも、それに太陽を加えたデザインもニンギシュジッダのシンボルという結論。ウラエウスはツタンカーメンの額にも装飾されている。

ウラエウスのようにコブラの頭部を持つ女性としてや、女性の頭部を持つコブラとして描かれる女神メルセゲルも、ニンギシュジッダとなる。2匹の蛇で描かれていることもある。

ここまで登場したニンギシュジッダであるアヌビス、ホルス、ケプリ、ウアジェト、メルセゲルは共通して、アンクという十字を手に持っている。つまりアンクもこれら神々もニンギシュジッダのこと。エジプト神話もその神々も全てがニンギシュジッダを表した作り話という結論。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中