エクアドルのタヨス洞窟からの出土品

エクアドルにあるタヨス洞窟(Cueva de los Tayos)からも、数千におよぶ金属製の古代の文書が発見されている。それをカルロ・クレスピ氏(1891年〜1982年)が所有していた。ここでもニンギシュジッダの共通点が見られる。
左の出土品の2人の人物の上に、鷲(わし)が見られる。同じ鷲(わし)のデザインは紀元前3000年頃のイランのジーロフト文化から出土していて、ニンギシュジッダのシンボル。右の画像にも人物の左右に2匹の蛇、頭に角のある冠、ゾウ、太陽、三日月、右端の菱形の模様があるので、ニンギシュジッダという結論。そのゾウの右側に縦横のマス目が見られるが、これらに描かれているものすべてがニンギシュジッダのシンボル。
ジーロフト文化の鷲(わし)の遺物。中央に鷲がいるハンドバックの左右には2匹の蛇がいる。

同じくジーロフト文化のハンドバックには、角の生えた人物と2匹の蛇が描かれている。

ゾウはインドのニンギシュジッダを表した出土品でも見られ、太陽はエジプトの有翼円盤の真ん中に見られる。

次の出土品にはピラミッド、太陽、ゾウなどが描かれている。南米大陸にゾウはいないが、紀元前1万年以前にはいたことが分かっている。
次の左側の出土品には、ゾウ、太陽、ピラミッドとジグザグ模様が見られる。つまりこのピラミッドの上部にいる人物もニンギシュジッダということ。右の出土品の人物の左側には縦横のマス目が見られるので、これもニンギシュジッダとなる。右足の横に7つの丸が見られるが、これもメソポタミアなどで見られるシンボル。
縦横のマス目のシンボルは、メソポタミアの出土品のサソリの右下に見られる。ここには三日月、亀、サソリ、8芒星などもあり、ニンギシュジッダのシンボルがまとまっている。

メソポタミアの7つの星のシンボル。八芒星、三日月、有翼円盤の並びに見られる。

このメソポタミアのシンボル表には、右上に7つの星がある。

下のタヨス洞窟の出土品では、ピラミッドの左右の猫の上に蛇が2匹見られる。猫もニンギシュジッダのシンボルということになる。ここでは2匹の蛇、ピラミッド、太陽、ゾウ。太陽の周囲には9個の丸があるので、9も聖数となる。
左の出土品でもピラミッドの左右に2匹の蛇と太陽、周囲のジグザグ模様。右の出土品では、三角形、太陽、三日月、ゾウ、右端に1匹の蛇、左の人物の棒の先に六芒星、下部のジグザグ模様。これら全てニンギシュジッダのシンボル。さらに左の出土品のピラミッド内と、右の出土品のジグザグ模様の下に2重の丸がある。これと同じデザインは、エジプトのホルスの目と2匹の蛇の装飾品にも見られる。現代でも太陽を表す記号として使用されている。つまり太陽神ニンギシュジッダを表す。


出土品に描かれた神官。どちらも1匹の蛇が見られるのでニンギシュジッダという結論。また左側の出土品の床にも、縦横のマス目のシンボルが見られる。
左側の出土品にも1匹の蛇が見られる。右側の出土品に蛇は見られない。しかし頭の飾りや右手の道具が他の人物と似ており、服にはジグザグ模様が見られることから、ニンギシュジッダの可能性がある。
次の右の丸い出土品では、船の右端に人がいる。これと同じデザインは、北アフリカの古代カルタゴで見られた女神タニト。タニトの周りにも三日月、太陽、松ぼっくり、羊、菱形模様の柱、三角形などが見られることから、ニンギシュジッダのシンボルとわかる。つまりこの丸い出土品には、タニト、太陽、三角形が見られ、この船もシンボルの一つということ。

次の左の出土品の人物は胸を触っているが、世界中で見つかっているニンギシュジッダの女神像と同じポーズ。右はバビロニアの女神イシュタル像。イシュタルもニンギシュジッダという結論だった。

次のタヨス洞窟で発見された鷲(わし)の顔の出土品は、紀元前2000年頃のメソポタミアの浮き彫りと同じ図柄。この鷲(わし)人間は左手にハンドバックを持っているので、ニンギシュジッダを表す
エクアドル
こちらはメソポタミアの鷲(わし)人間とハンドバック。
メソポタミア
タヨス洞窟では、アッシリアで見られる人頭有翼獣像(じんとうゆうよくじゅうぞう)のラマッソスも発見されている。ラマッソスもニンギシュジッダを表す。理由は三つあり、一つはアッシリアのラマッソスは三重冠(さんじゅうかん)をかぶっているが、これもニンギシュジッダのシンボルに見られる。
メソポタミアのニンギシュジッダの三日月、有翼円盤、三重冠などのシンボル。

二つ目には体はライオンで、有翼円盤に見られるような羽を持っていること。ヨーロッパではグリフォンと呼ばれる伝説の動物に似ており、鷲(わし)の翼と上半身、ライオンの下半身をもつ。グリフォンと雌(めす)馬の間に生まれたヒッポグリフは、鷹(たか)の上半身に馬の下半身をもつ。これらすべてニンギシュジッダのシンボル。

三つ目はペルセポリスなどに見られるように、ラマッソスは入り口の両側に配置される。これは神社の狛犬と獅子と同じ配置で、狛犬も獅子もニンギシュジッダを表すシンボル。

また古代エジプトの女神ハトホルと同じデザインの像も、タヨス洞窟より発見されている。エクアドルの出土品では頭頂の太陽と、そこから左右に2匹の蛇が見られる。また髪の右下の丸の中に十字も見られる。これらも全てニンギシュジッダのシンボル。
メソポタミアのニンギシュジッダの十字のシンボル。
古代エジプトの女神セクメトと同じデザインの絵も、タヨス洞窟より発見されている。太陽、ライオン顔、アンク十字でニンギシュジッダを表す。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中