宇宙の起源

エクアドルからの出土品

このエクアドルでは、ニンギシュジッダに関係する他の遺物も発見されている。

考古学者クラウス・ドナ氏がエクアドルで発見した石の地図に描かれている線上には、次の巨石建造物が配置されている。ギザのピラミッド、ヨルダンのぺトラ遺跡、イラクのウル遺跡、イランのペルセポリス、パキスタンのモヘンジョ・ダロ遺跡など。この線は神聖緯度とされた北緯30度線と0度線が合わさった線。

中近東、サウジアラビアの辺りに目の形をした埋め込みがあり、そこから東西に走る白い水晶の線がある。東を辿っていくとインド、タイへ。西へ進むと南米のエクアドルに行くが、そこがこの石が見つかった場所。ここは世界中で最も水の質が良い所として知られている。

紀元前3000年頃のイランのジーロフト文化の石のハンドバックには、目のシンボルも描かれている。つまり目もニンギシュジッダのシンボル。同じ頃のシリアでは目の女神像も出土しており、目と体のジグザグ模様がニンギシュジッダのシンボル。

次の「ピラミッドに目」もエクアドルから発掘された石。この目もピラミッドもニンギシュジッダのシンボルという結論。

目の下には13段の階段があり、米国の1ドル札に描かれたプロビデンスの目と同じ。生命の樹では、マルクトからケセドまでの番号順に進むと7個の(丸い)セフィロト、6個のパス(道)を通り、合計13の段階を経て知識(ダアト)のセフィロト前に達する。生命の樹もニンギシュジッダ由来で、13は神聖数字。

また「ピラミッドに目」の裏側にはオリオン座の石の埋め込みがある。多角形の石積みがあるエジプトの三大ピラミッドもニンギシュジッダが建造者で、その配置はオリオン座の三つ星と一緒。石の裏の文字は「創造者の御子来たる」という意味だそうで、つまり「一なるもの」の代理人ニンギシュジッダと合致する。

次の画像の裏側には、渦模様と三角形が描かれている。つまりニンギシュジッダのシンボル。三角形の中心は非常に強い磁力を発している。

次の左のヒスイの板にも渦模様が見られる。

ピラミッド型の石。上部に「ピラミッドに目」、その下に幾つかの渦模様。

ピラミッド型の大理石の出土品。三角形、渦模様。

次の2つの画像もピラミッドに目。右の写真には、オリオン座の三つ星も。

左の像は口に蛇。右の像の帽子中央にはカエルの彫刻。蛇もカエルもサバジオスの手に見られ、ニンギシュジッダのシンボル。

右の像は、1匹の蛇が絡みついたアスクレピオスの杖を持っている。つまりエクアドルのニンギシュジッダの一姿。ニンギシュジッダであるアイオーンも、下半身から頭頂にかけて1匹の蛇が巻きついている。

●●●●●●●
参考文献
クラウス・ドナ / Project Avalon


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中