宇宙の起源

インド・ヨーロッパ語族

インド・ヨーロッパ語族には英語、ヒンディー語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ウルドゥー語、ペルシア語、ウクライナ語、ラテン語などがある。下の地図はインド・ヨーロッパ語族の分布。
300px-Indo-European_branches_map

一例をあげるなら、パニック(Panic)の語源はギリシア神話の牧神パン。パン(Pan)は人気のない所で、突然、混乱と恐怖をもたらすことがあった。父親はゼウスともヘルメースともいわれ、どちらもニンギシュジッダ。

ローマ神話のユーピテルもニンギシュジッダだったが、その妻ユーノーはユーノー・モネータ(Juno Moneta)とも言う。モネータは「忠告する」という意味のラテン語monereが語源で、英語のマネー(Money=お金)の語源。また木星を英語でジュピター(Jupiter)というが、それもユーピテルが語源。

こういった神の名が語源になっている例はたくさんある。つまり各宗教を作ったのはニンギシュジッダで、インド・ヨーロッパ語族を作った人物もニンギシュジッダという結論。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中