イラン、インド、ローマ帝国のミトラ教

フリジア帽をかぶったミトラスを主神とするミトラ教の浮彫(うきぼり)には、1匹の蛇に向かって2匹の蛇の杖カドゥケウスを向けているミトラスが見られる。つまりミトラスはニンギシュジッダ。

このミトラスの別の像では、牡牛(おうし)を屠(ほふ)るミトラスが見られる。そこでは、犬と蛇は牡牛の血を飲もうとし、サソリが牡牛(おうし)の睾丸(こうがん)を攻撃している。犬、蛇、サソリはニンギシュジッダのシンボルで、彼のシンボルを描いたギョベクリ・テペの石柱にも見られる。

ミトラ教では獅子頭と翼を持った神像も、40体ほど発見されている。これは2匹の蛇の絵が足下にあるアイオーンで、ニンギシュジッダのこと。この像の右太ももにサソリが彫刻されている。つまりミトラ教もニンギシュジッダを表した宗教。

f5d21-022525e32525822525a22525e32525822525a42525e32525822525aa2525e32525832525bc2525e32525832525b3252528aion25252925253d2525e325258325258b2525e32525832525b32525e32525822525a

牡牛は、紀元前3000年頃のイランのジーロフト文化のハンドバックにも彫刻されている。つまり牡牛もニンギシュジッダの象徴の一つ。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中