アンズー、グリフォン、ヒッポグリフ、麒麟(きりん)とは

メソポタミア神話の怪物ズーもしくはアンズーは、ライオンの頭と鷲(わし)の体で表される。ライオンも鷲(わし)もニンギシュジッダのシンボル。これはシュメール神話のエンリルの随獣とされ、つまりエンリルもニンギシュジッダということ。

伝説上の生物グリフォンもアンズーと似ており、鷲(わし)の上半身と翼、ライオンの下半身と、ニンギシュジッダのシンボルを持つ。

グリフォンと雌馬(めすうま)の間に生まれたというヒッポグリフは、身体の前が鷲(わし)、後ろが馬。

足が馬というヒッポグリフに似た動物は、中国神話の麒麟(きりん)。背丈は5m、顔は龍に似て、牛の尾と馬の蹄(ひづめ)をもつ。

オーストラリアやアフリカの虹蛇はニンギシュジッダだったが、中国では虹が竜の一種とみなされていたので、中国の竜は全てニンギシュジッダのこととなる。麒麟(きりん)は、中国の黄竜(こうりゅう)と同一視されている。つまりニンギシュジッダ=竜=麒麟。中国の紫禁城には獅子像が二体置かれているが、紫禁城の慈寧門前には二体の麒麟(きりん)も置かれている。つまり獅子像も麒麟(きりん)もニンギシュジッダを表している。

このようにアンズー、グリフォン、ヒッポグリフ、麒麟(きりん)は容姿が似ているだけでなく、これらはニンギシュジッダのシンボルという結論。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中