アボリジニと各国の虹蛇はニンギシュジッダ

アボリジニの木彫容器クーラモンとその模様もニンギシュジッダ由来。これは楕円形の皿で、果実や水などを運ぶのに使われる。一番右の画像はクーラモンのデザインの移り変わりをまとめたもので、下へ行くほど新しい時代になる。最初のクーラモンに1匹の蛇が見られるが、アボリジニの神話で蛇と言えばニンギシュジッダになる。

アボリジニには3つの蛇神(じゃしん)であるウングッド、エインガナ、ユルルングルの伝承があり、虹蛇とされる。虹蛇(にじへび)はニンギシュジッダのことだが、このウングッド、エインガナ、ユルルングルの3つの話の内容はそれぞれ異なる。同じ地域で同じ神を指すのに話の内容が違うという共通点も世界中の神話や宗教で見られる。

「アボリジニ伝承のウングッド」
根元神ウングッド、もしくはウングルは、海しかない世界で海底の泥が集まって生まれ、己しかいない寂しさを失くすために命を生みだそうと考える。 そこでまずブーメランで海を撹拌(かくはん)して泡立て、その泡で巨大な大地を作り上げ、そこに無数の卵を産んで生命を増やしていった。これがアボリジニ伝承における創世神話。

これと類似した話は、日本書紀と古事記に見られる。イザナギ、イザナミは天浮橋(あめのうきはし)に立ち、天沼矛(あめのぬぼこ)で渾沌とした大地をかき混ぜる。このとき、矛(ほこ)から滴り落ちたものが積もって最初の島のオノゴロ島となった。その後二人は結婚し、大八島(おおやしま)と神々を生んだ。創造神話の鶏の卵の記述もそうだが、日本書紀、古事記もニンギシュジッダ作で、イザナギ、イザナミもニンギシュジッダを表すということ。

「アボリジニ伝承のエインガナ」
ウングットとは別の創世神話を持つ虹蛇エインガナ。この世の最初は無限の砂漠であり、エインガナはこの風景を見飽きて世界を生命であふれさせようと思い付く。そこでエインガナは水中に潜ってあらゆるものを創造し、最後に長い陣痛(じんつう)の末に人間を産み落としたという。エインガナは全ての生命に関わる紐(ひも)を所有しており、エインガナが紐を手放した種は絶滅する運命となる。

「アボリジニ伝承のユルルングル」
オーストラリア南部の伝承の虹蛇ユルルングル。「父なる蛇」と呼ばれる天候神で、その声は雷鳴であり、彼の住む泉は虹色に輝くという。長らく泉の底で眠りについていたが、自身の子孫に当たる人間の姉妹が泉に経血(けいけつ)を落としたことでその臭いで目覚め、起きた勢いで洪水を引き起こした。そして姉妹とその子供たちを、勢い余って呑み込んでしまう。その後、蛇による集会が開かれ、ユルルングルは自分の子孫を呑み込んでしまったことを告白し、彼らを吐き出すことを約束する。そうしてユルルングルは姉妹と彼女の子供たちを吐き出すと、ユルルングルが所持する魔法の楽器ディジュリドゥが独りでに鳴り響き、アリが姉妹と子供たちに噛みついて蘇生させた。 この伝承からアボリジニの一部の部族では、成人の儀式として嘔吐を経験することになっている。

「フィジー伝承のデンゲイ」
フィジー諸島の虹蛇は創造神デンゲイと言い、虹蛇ということからニンギシュジッダを指すが、デンゲイは怒って洪水を起こした神で、洪水を生き残った8人をボンタンの実に乗せて助けた神でもある。これと類似した洪水神話は、北アメリカのホピ族にも見られる。ソツクナングはクモ女に次のように命じた。「中空になっている背の高い植物を切って、人々のその中に入れなさい」クモ女は葦(あし)を切り、中に人々、少量の水、食料、フルスキ(トウモロコシの粉)を入れた。そしてソツクナングが現れて大洪水を起こした。そして葦の中の人々は助かった。またシュメール神話にも大洪水の話が見られる。この場合、洪水で人間を滅ぼしたのは怒ったエンリルで、ジウスドラ(ノア)に船を作らせ生き延びさせたのはエンキ。エンリル、エンキはニンギシュジッダという結論だった。つまりフィジーの蛇神(じゃしん)デンゲイもニンギシュジッダのこと。この類似の洪水伝説も各大陸に存在する。大洪水があったという伝承であれば実際に起こった洪水を見た人々が言い伝えてきた可能性があるが、神話には船や植物に入って洪水を生き延びた少数の人々の話が共通点として多く見られる。

またデンゲイを最高神とする神々をカロウ・ヴと呼ぶ。フィジーにはブレ・カロウという高い屋根を持つ建築物がある。ブレは家、カロウは神の意で神社を意味する。つまりここで神(ニンギシュジッダ)は「天から降りてきて願いをきいてくれる」わけで、日本の神社と同じ。

「西アフリカ伝承のマウ」
西アフリカでは創造神である女神マウ(マウウ)が最初に創造した存在は蛇で、世界創造を手伝った後に海底でとぐろを巻いている。虹(にじ)はこの蛇が天にアーチをかけたものであり、雨を降らせる役割も持つ。

「ハイチ伝承」
カリブ海に浮かぶハイチの伝承の虹蛇は、アフリカ系住民によって伝わり変化したものだといわれる。

「マヤ文明のイシュ・チェル」
メキシコのマヤ文明の虹の婦人と呼ばれる女神イシュ・チェルは、マヤ神話において洪水・虹・出産等を司る女神。頭に蛇を置き交差した骨が刺繍(ししゅう)されたスカートをはいた姿で描かれている。怒らせると大雨を降らせ洪水を起こす。虹、洪水ともにニンギシュジッダの象徴ということ。

「ネイティブアメリカンの伝承」
北アメリカのネイティブアメリカン(インディアン)のショショーニ族の伝承では、虹は大きな蛇が天空に背をこすり付けて生じさせ、雨や雪を降らせるという。

「中国伝承の虹霓(こうげい)、虹蜺(こうげい)」
中国の蛇神伝承の虹霓(こうげい)、虹蜺(こうげい)。漢字で「虹」という字が虫偏(むしへん)なのは竜の一種だから。虹はこの竜の体であるといわれ、雄雌(おすめす)を表す漢字で虹霓/虹蜺(どちらもコウゲイ)と表記する。つまり2匹の蛇。

「日本の神社の注連縄(しめなわ)」
神社の注連縄(しめなわ)は、神聖な場所を区切るために張られる結界の事で、2匹の蛇が絡まった交尾の姿になっている。人間や文明を創造したのはニンギシュジッダで、絡み合う姿は人間のDNAの螺旋構造も意味し、交尾ということは創造も表す。

shime

注連縄(しめなわ)の他の意味としては、雷雲を表している。ジグザグの白い紙の紙垂(しで)は雷雲から起こる稲妻、紙垂(しで)の間のワラは雷雲からの雨を表す。神社と類似のものに、聖書に登場する古代イスラエルの移動式の神殿の幕屋(まくや)がある。幕屋は、主(ニンギシュジッダ)がイスラエルの民の中に住むために建造させたとされる。神殿とは「神の建物」。

ニンギシュジッダの象徴である注連縄(しめなわ)は雷雲を表しているが、上記にも述べた各地の蛇神(じゃしん)も、雷雲を表している。虹蛇ユルルングルは天候神で、その声は雷鳴。西アフリカの創造神の女神マウが最初に作った蛇も雨を降らせる役割も持つ。マヤ文明のイシュ・チェルは怒らせると大雨を降らせ洪水を起こす。ネイティブアメリカンのショショーニ族の伝承では、虹は大きな蛇が生じさせ、雨や雪を降らせるとある。ワラや紙垂(しで)はニンギシュジッダが起こす雨や雷という意味で、注連縄(しめなわ)一つにもニンギシュジッダにまつわる象徴で溢れている。こうして虹蛇、2匹の蛇、ニンギシュジッダ、雷雲という線で繋がり、各大陸にニンギシュジッダは現れて文明を作り出したということ。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中