アヌが地球へやってくる

「シュメール神話の粘土板要約」
惑星ニビルが地球に近づくタイミングで、アヌ王と妻アントゥが地球へやってきた。歓迎会でエンリルとエンキからは、贈り物の牛と子羊が火に焼かれていた。さらに赤い後光に囲まれたニビルが見えてきた時、アヌンナキは手を叩き、踊り歌った。夜がふける前にエディン(メソポタミア)全土に篝火(かがりび)が灯された。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中