アケメネス朝のペルセポリス

■紀元前520年頃

ダレイオス1世が建設したとされるペルセポリスにも、ニンギシュジッダの多角形の石積みが見られる。

メソポタミアの松ぼっくりを持つニンギシュジッダの浮き彫りの頭の上に、フルール・ド・リスという紋章が見られる。

このフルール・ド・リスもペルセポリスで見られる。次の画像の左の植物の下に、上下反対に彫刻されている。

このフルール・ド・リスの上に乗る植物は、ペルセポリスの壁画にも見られる。そこには12枚花弁のシンボルも見られる。

またこの植物と同じ模様が、メソポタミアの生命の樹に見られ、そこにはハンドバックや松ぼっくりもあるのでニンギシュジッダを表すという結論だった。下の左がペルセポリス、右がメソポタミアの生命の樹。これも世界各地に見られる樹木崇拝と共通する。つまりペルセポリスに見られる彫刻もニンギシュジッダのシンボル。


ニンギシュジッダ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中