宇宙の起源

綱引き

日本の一般的な綱引きとは、2つのチームが1本の綱を引きあって勝敗を決めるもの。その歴史は日本では1500年頃より見られ、神事や占いとして正月などに行われてきた。この場合、藁(わら)やカヤを使った縄を使用した。しめ縄も藁(わら)などを使用し、それはニンギシュジッダの象徴でもあった。


つまり綱引きとはニンギシュジッダを表す蛇を引きあっている構図ということ。この神事の意味はヒンドゥー教に見出せる。ヒンドゥー教のマハーバーラタなどの天地創造神話に、乳海攪拌(にゅうかいかくはん)という話がある。要約は次の通り。「ヴィシュヌは多種多様の植物や種を乳海に入れ、次に化身巨大亀クールマとなって海に入り、その背に大マンダラ山を乗せた。この山に竜王ヴァースキを絡ませて、神々はヴァースキの尾を、アスラはヴァースキの頭を持ち、互いに引っ張りあうことで山を回転させると、海がかき混ぜられた。攪拌(かくはん)は1000年間続き、乳海からは太陽、月、象、馬、女神など様々なものが生まれた。」

神々が引っ張り合ったのは蛇の姿のヴァースキ。ヴァースキは、インド神話に登場する蛇神の諸王ナーガラージャでもあり、ナーガラージャは2匹の蛇が絡み合った姿。つまり日本のしめ縄、綱引きの綱と同じ。つまり綱引きが表しているのは天地創造で、ニンギシュジッダ由来の行事。