神社の狛犬と世界中の獅子像

紀元前710年頃のアッシリアの守護神ラマッソスは、三重冠をかぶっている。

三重冠もニンギシュジッダのシンボルとしてメソポタミアで見られる。


イランのペルセポリスでは、三重冠のラマッソスが2体で入り口に立っている。つまり2体で門の左右に並ぶ形態も、ニンギシュジッダを表す。

ライオン顔のアイオーンはニンギシュジッダのことだった。それが2体1組として、神社の狛犬、沖縄のシーサー、韓国のヘテ、中国の紫禁城の獅子像として見られる。シュメール神話では、エジプトのスフィンクスも始めはニンギシュジッダの獅子顔であったが、マルドゥクが息子の顔に変えたとある。
917cc-0225e3258225a225e3258225a425e3258225aa25e3258325bc25e3258325b32528aion2529253d25e32583258b25e3258325b325e3258225ad25e32582259925e3258225b725e3258325a525e325
cd1ae-e78b9be78aace382b9e38395e382a3e383b3e382afe382b9
トルコのネムルト山にも2体のライオン像があり、山がピラミッドとなっている。神像には、ゼウス-オロマズデス(ゼウスとアフラマズダが同一視された神)、アポロ-ミトラス、ヘラクレス、テュケ(ギリシャ神話の女神でコンマゲネ王国の守護神)などが含まれている。
この山にある神像のゼウス、アポロ(1匹の蛇を持つ)、ミトラス、ヘラクレス、鷲(わし)、ライオンはニンギシュジッダという結論だった。
紀元前1450年頃のギリシャのミケーネ文明にも、2匹の獅子が描かれた獅子門と多角形の石積みが見られる。
インド南東の島国スリランカのポロンナルワの獅子(ライオン)像。
インドネシアのジャワ島のボロブドゥル寺院。ここにも獅子像と多角形の石積み。
カンボジアとタイの国境付近にあるプレアヴィヒア寺院の獅子像。
カンボジアにあるアンコール・ワットの獅子像。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中