神奈川県の鎌倉の大仏

鎌倉の大仏にも、多角形の石積み、黄金比がある。この大仏は阿弥陀如来(あみだにょらい)で、ニンギシュジッダという結論だった。 大仏の背面側の台座の多角形の石積み。同じパターンはエジプトのメンカウラー王のピラミッドにも見られる。 大仏の頭の渦模様も黄金比。これは中国の楽山大仏(らくさんだいぶつ)と同じ。 大仏の耳の形も黄金比。 大仏の台座は八角形。八芒星はメソポタミアにも見られた。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中