熊本県の大戸鼻(おおとはな)古墳群

大戸鼻(おおとはな)古墳群も500年頃で、チブサン古墳や井寺古墳と年代も距離も近い。南一号古墳はドルメン。 南2号古墳の石室も大きな石を積み上げるドルメン型。その内部に描かれている円の周辺には、ジグザグ模様が描かれているが、これも銅鏡やギョベクリ・テペの石柱で見られる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中