宇宙の起源

滋賀県の比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)

延暦寺は平安時代の僧・最澄(さいちょう、767年〜822年)により開かれた天台宗の本山寺院。ここにも黄金比や多角形の石積みが見られる。 戒壇院(かいだんいん)の多角形の石積み。 焼失前の大講堂の断面図は、縦横の比率が黄金比。 滋賀県に比叡山延暦寺を建てた最澄(さいちょう)はニンギシュジッダのこと。最澄(さいちょう)は仏教の天台宗の開祖なので、天台宗もニンギシュジッダにより広められたということ。また朝廷から伝教大師という名を送られた。

空海もニンギシュジッダという結論だった。彼は和歌山県の高野山に金剛峯寺を建て、仏教の真言宗の開祖。朝廷から弘法大師という名を贈られた。空海と最澄は同時代に生き、交友関係があったとされる。しかしどちらもがニンギシュジッダであり、2人の歴史も作り話という結論。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中