宇宙の起源

東ローマ帝国の国章の双頭の鷲(わし)

■395年

ローマ帝国が、西ローマ帝国と東ローマ帝国(ビザンツ帝国)に分裂。
ed69a-ro

東ローマ帝国の国章は双頭(そうとう)の鷲(わし)となった。双頭の鷲は、紀元前3000年のイランのジーロフト文化より出土しており、ニンギシュジッダの象徴だった。

1800年代にはフリーメイソンの高級結社スコティッシュ・ライトで、双頭の鷲が使用されている。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中