宇宙の起源

奈良県の薬師寺

■680年

680年創建の南都七大寺のひとつ、薬師寺にも黄金比が見られる。
人間目線で見た場合、薬師寺の金堂も黄金比の比率。その位置から見た場合の黄金比の比率に、柱の間隔などが設定されている。立面図で見た場合は黄金比にならないが、左右の幅合わせで黄金比を置くと、左右の階段位置が黄金比の比率になる。

薬師寺の金堂の平面図はちょうど黄金比の大きさ。その中にできる4個目の黄金比の大きさに階段幅が設定されている。

薬師寺の大講堂にも2つの黄金比の比率に収まる位置がある。その黄金比にあわせて屋根の高さが設定されている。

金堂の日光菩薩の光背(こうはい)にも、黄金比の渦模様が見られる。

薬師寺創建当初の700年代の鬼瓦。そこに黄金比の渦模様。

1336年の室町時代から1868年の江戸時代末までの鬼瓦。精度も下がり、黄金比も見られない。人間による鬼瓦と推察できる。

薬師如来の台座に描かれている人物の頭部の装飾は、細かい渦模様となっている。人間の手作業ではなく、3Dプリンタのような科学技術で彫られたと考えられる。