宇宙の起源

天皇の冠と笏(しゃく)

ゾロアスター教のアフラ・マズダはニンギシュジッダという結論だった。その壁画の手には王権の象徴の王冠と笏(しゃく)が見られる。王冠は輪から2本のヒモが垂れ下がっている。これはシュメール神話のアヌンナキの話では王権の象徴。この王冠と笏(しゃく)は現代にも続き、天皇の即位の礼でも見られる。平安時代までの纓(えい)は、左右の肩に垂れ下げるなど二枚だった。平安末期からは二枚をまとめて一枚になった。つまり天皇の冠と笏(しゃく)も他国の神話と共通している部分であり、ニンギシュジッダ由来という結論。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中