宇宙の起源

京都の平安京

桓武天皇により京都の平安京が日本の首都となる。1869年に明治政府が東京に拠点を移すまでの日本の首都。ここにも朱雀大路(すざくおおじ)や朱雀門(すざくもん)がある。朱雀とはニンギシュジッダのこと。 平安京は縦横のマス目状にデザインされているが、これもニンギシュジッダのシンボル。

平安京の鬼瓦の黄金比。ここでも平城京と同じく平安宮(へいあんきゅう)と呼ばれる大内裏(だいだいり)に黄金比の鬼瓦がある。 大内裏(だいだいり)の紫宸殿(ししんでん)は、天皇の私的な在所の一つ。平安時代の紫宸殿(ししんでん)の立面図にも、黄金比の比率が見られる。 現在の京都御所の紫宸殿(ししんでん)は、幕末に建てられたもの。 京都御所の清涼殿の一角獣と獅子の像。 京都御所(ごしょ)は、1392年から1869年まで歴代天皇が居住し儀式・公務を行った場所。 京都御所は京都御苑(ぎょえん)の中にある。この京都御苑の敷地は3つの黄金比を並べた大きさ。一部の道も黄金比の比率によって決められている。御所の中心線も黄金比の線上に位置している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中