宇宙の起源

世界中の巨石遺跡で見られるT字の締(し)め金

アクスムにあるラムハイ王の地下墓には、石と石を連結させるH型(2つのT字)の締(し)め金が見られる。これもトルコのギョベクリ・テペの石柱にシンボルとしてあった。下記の場所はそのT字の締(し)め金が見られる遺跡。

・エチオピアのアクスムのラムハイ王の地下墓とカレブ王の地下墳墓
・チュニジアのドゥッガ
・エジプトのデンデラ神殿、カルナック神殿、ルクソール
・イタリアのサルデーニャ島のタロス
・ギリシャのアテネのアクロポリス、パルテノン神殿
・イランのキュロスの墓
・カンボジアのアンコール遺跡群のタ・プローム
・インドのサーンチーの仏教遺跡
・日本の江戸城の本丸中之門石垣
・ボリビアのティワナク、プマプンク
・ペルーのオリャンタイタンボ

紀元前1万年頃のギョベクリ・テペの石柱に、ニンギシュジッダのH型のシンボル。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中