宇宙の起源

三重県の新大仏寺

■1202年

三重県の新大仏寺にも多角形の石積み、黄金比が見られる。

大仏の体部は江戸時代の補作で、頭部は仏師の快慶(かいけい)の作とされる。

大仏の石造基壇(きだん)は造像当時のもので、多角形の石積みが見られる。

大仏殿の裏手にある岩屋不動は岩をくり抜いた場所に立っている。

新大仏寺に祀られている不動の顔の頭部にも、黄金比の渦模様が見られる。

この新大仏寺は、重源(ちょうげん)が創建されたと伝えられる。重源(ちょうげん)は鎌倉時代に東大寺大仏と大仏殿の復興事業を指揮した僧として知られる。つまり重源(ちょうげん)もニンギシュジッダということ。
重源

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中