ローマン・コンクリート

この建築材料はローマン・コンクリートと言われる。1900年代のコンクリート寿命は約50年から100年程度の中、ローマン・コンクリートは2000年以上の耐久性がある。

ローマン・コンクリートが使用されている建物は次の通り。カラカラ浴場、マクセンティウスのバシリカ、トラヤヌスの市場、ローマ水道の水道橋や導水渠(どうすいきょ)、分水施設(カステルム・アクアエ)、アウレリアヌス城壁(ローマ市街地を取り囲む防御壁)、パンテオン。これらの中には多角形の石積みが見られるものもある。コロッセオにも使用されたこのコンクリートも、これらの建設もニンギシュジッダによるものという結論。

パンテオンもサバジオスの浮き彫りと同じ建築デザイン。