宇宙の起源

ブードゥー教、マクンバ、カンドンブレ、サンテリア

■1400年頃

オーストラリアのアボリジニのヨルング族に伝わる虹蛇を同じように神として崇めているのが、ブードゥー教という黒魔術。ブードゥー教は、西アフリカのベナンやカリブ海の島国ハイチやアメリカ南部のニューオーリンズなどで信仰されている。ハイチや西アフリカではヴォドゥンと呼び習わされ、西アフリアのベナンでは国教となっている。この黒魔術もニンギシュジッダ由来という結論。

ハイチのブードゥー教の最高神は肥沃(ひよく)の蛇神ダンバラーウェイドで、その妻が虹蛇の女神アイダ・ウェッド。この二つの神は、中国の伏義(ふっぎ)と女媧(じょか)のように2匹の蛇で描かれる。2匹の蛇はニンギシュジッダのシンボルで、ギリシャ神話の神ヘルメスの杖カドゥケウスにも見られた。

1400年代から約400年の間、ヨーロッパ人による奴隷貿易により約1500万人のアフリカ人がヨーロッパや南北アメリカ、カリブ海諸島に奴隷として連れて来られた。そのときに、彼等の信仰であるブードゥー教も持ち込まれ、ハイチで独自に発展した。さらにアメリカ南部のニューオーリンズにもブードゥー教は定着し、ブラジルではマクンバやカンドンブレ、キューバやベネズエラではサンテリアとして発展する。

ブードゥー教では、動物の死骸や血、酒などのお供えと交換で悪魔に願いを叶えてもらうもので呪いの儀式を行う。日本ではコックリさんが近しい。ブラジルでは自分を裏切った恋人を不幸にするためなど、恨みを晴らすものとして市民が日常的にマクンバを使用することもある。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中