パキスタンのバードシャーヒー・モスク

■1673年

バードシャーヒー・モスクは、ムガル帝国の第6代君主アウラングゼーブの命によってラホールに建設されたモスク。この敷地にも黄金比の比率が見られる。

この時代以降、黄金比、多角形の石積みなど、ニンギシュジッダのシンボルのある建築物は見られなくなる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中