宇宙の起源

コンスタンティヌスの凱旋門の多角形の石積み

コンスタンティヌスの凱旋門はイタリアのローマにあり、コロッセオの隣に位置している。その大きさは黄金比2つ分となっている。 この凱旋門は黄金比で設計され、多角形の石積みもあり、細かな装飾も見られることからニンギシュジッダ作。 このコンスタンティヌスの凱旋門に黄金比が見られ、彼のモザイクには光背のシンボルも見られる。そしてローマ建国者のロームルスはニンギシュジッダだった。つまりここまでのティトゥス、カラカラ、アウレリアヌス、プロブスなどローマ皇帝たちは実在せず、全てニンギシュジッダを表した作り話という結論。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中