インドの双頭の鷲(わし)

■1010年

ニンギシュジッダのシンボルの双頭の鷲(わし)は、ヒンドゥー神話ではガンダベルンダという名で登場する。1010年に完成したブリハディーシュヴァラ寺院では、ガンダベルンダの絵が見られる。ここもピラミッド型ということもありニンギシュジッダ作。

ラーメーシュワラム寺院では彫刻として見られる。


 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中