インドのタージ・マハル

タージ・マハルにも黄金比と渦模様、多角形の石積み、尖塔(せんとう)アーチが見られる。また壁にコーランの章句が刻まれていることが、ニンギシュジッダが作ったクトゥブ・ミナールのデザインと同じ。 タージ・マハルを正面から見た場合、黄金比の比率でデザインされている。 タージ・マハルのメインの敷地は3つの黄金比を並べた大きさとなっており、建物や道は黄金比の比率を取り入れた配置となっている。 ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンの皇妃(こうひ)ムムターズ・マハル(1595年〜1631年)の肖像画にも黄金比の模様が見られ、8芒星のシンボルも描かれている。つまりムムターズ・マハルもニンギシュジッダということ。 この皇妃(こうひ)ムムターズ・マハルの夫で、ムガル帝国の第5代君主シャー・ジャハーンの絵には光背が見られる。つまりシャー・ジャハーンもニンギシュジッダで、これらの歴史は作り話という結論。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中