宇宙の起源

インドのエローラ石窟群

■400年頃

インドにあるエローラ石窟群は、400年から1000年の間に造られた。仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟(せっくつ)寺院などがある。34の石窟が垂直な崖に掘られている。ここにもニンギシュジッダのシンボルが数多く見られる。

第29窟のデゥマル・レーナの入口の2頭の獅子像。

ここに彫刻されている仏陀もニンギシュジッダという結論だった。

カイラーサナータ寺院の多角形の石畳。

このエローラ石窟群の16花弁、8花弁のシンボル。

獅子とゾウもニンギシュジッダのシンボルという結論だった。

このエローラ石窟群の特徴的な部分は、岩をくり抜く科学技術。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中