しめ飾り

日本の正月のしめ飾りに使われるしめ縄は、2匹の蛇が絡み合ったニンギシュジッダのシンボルという結論だった。しめ縄から垂れ下がる藁(わら)は雨を表し、これらもニンギシュジッダのシンボル。

しめ縄2

白いジグザグの紙垂(しで)はニンギシュジッダの雷のシンボルを表し、トルコのギョベクリ・テペなどでもジグザグのシンボルが見られた。

しめ縄を丸く結び、その上部左右に藁(わら)が横たわっているしめ飾りの形は、他国の宗教でもシンボルとして見られる。

バビロニアの女神の手に、輪と2本のヒモのシンボル。

エジプトのウラエウスの右隣に、輪と2本のヒモのシンボル。

古代ペルシアのゾロアスター教の主神アフラ・アズダーも、王権の象徴の笏(しゃく)と丸い輪に2本のヒモがついた王冠を持っている。つまりしめ飾りの形はニンギシュジッダのシンボル。

日本のしめ飾りの場合、2匹の蛇が絡み合いながら輪を作っていることになる。さらに1匹の蛇や竜が輪を作り、自分の尻尾を加えているウロボロスという図も他国で見られる。エジプトのツタンカーメンの石棺には、1匹の蛇が自分の尻尾をくわえるウロボロスが見られる。

ヒンドゥー教での自分の尾をくわえる竜(もしくは蛇)。ここに見られる亀や像もニンギシュジッダのシンボルという結論だった。
lead_deskew=0 checksum=2e0f339cc42d8ab0fcbb3871de675d79

メキシコのソチカルコ遺跡の神殿にも、ケツァルコアトルのウロボロスが見られる。ケツァルコアトルは羽毛の生えた竜で、これもニンギシュジッダという結論だった。