筆者

久保田 啓敬
Hiloyuki Kubota

Official site
Instagram
Twitter
facebook
Youtube
SoundCloud
Prout Village


dav

 大阪府出身。1981年生まれ。18歳より3DCGを学び、VJ SARA CHOP OMRICEの一人として大阪のクラブで映像を流し始める。2001年頃からUnder Lounge(Warp da disco、Reflex)、Joule、Grand Cafe、ディスコなどでレギュラーパーティーを持つ。2003年からは映像と音楽の同期をコンセプトとしたオーディオヴィジュアルをスタートし、楽曲制作も開始。2004年には、イギリスのレーベルLightrhythm Visualsよりリリースされた各国のVJ映像を収録したコンピレーションDVD”Hidden Partition”に映像作品を提供。2005年には日本のサイケデリックトランスのレーベルVision QuestのライブDVD”The Gathering 2005″へ映像を提供。また企業の広告映像の制作も並行して行う。2005年末には6年間のVJ活動を終了し、楽曲制作の拠点をロンドンに移す。


 1年後に帰国する直前、突然理由のない絶望感と精神性的衰弱に襲われ、長期的な忍耐の期間が続く。その中で映像と楽曲の制作でつかんだ直感の概念に関する文書をまとめる。そして「人間の最大能力は、得意分野での無心の直感で発揮される」という結論が出たことで、現代人の多くが多大な時間を過ごす会社や学校という環境が、人間の性質に合っていないという結論に達する。そして人間と自然環境に良い生活はないかと探求し、2009年にまとめた社会制度が「プラウトヴィレッジ」となる。これは資本主義や共産主義に代わる考え方で、世界のあらゆる社会問題の根本原因の一つは、貨幣をベースとした仕組みに問題があるという結論に達し、貨幣が存在しない社会の構築方法をまとめている。

 2013年からは、国外や自身の音楽レーベルよりダンスミュージックなどをリリースするまたプラウトヴィレッジのために様々な文献を読んでいたことにより、有史以前の地球と地球外生命体の関係に興味を持ち、古代文明に関する資料をまとめ始める。その直後、上空に光る物体を目撃する。またこれより2年前には、UFOが姿を見せないまま10m前方に接近してきたことがあり、この時は五感以外の感覚器官によってその形と大きさを認識し、目には見えないが形が見えるという体験をする。これらの出来事により地球外生命体の存在を確信し、ウェブ上(旧Project Vega)で文書を公開する。文書をまとめる中で、世界中の古代の建築物が複数の黄金比を重ね合わせた方法で設計されている共通点や、同じパターンで切り出された多角形の石積みがあること、世界中の遺跡の出土品に黄金比の渦模様が見られることを発見する。こういったことを踏まえ、地球の全文明はある一人の地球外生命体によるものという結論を物的証拠とともに解説している。これが2019年には「宇宙の起源」としてまとまり、光る物体の目撃も5回となる。